ホーム JAPICの紹介 サービスの紹介 附属図書館 アクセス サイトマップ リンク  
サービスの紹介
HOME > サービスの紹介 > データベース > 相互作用データ

相互作用データ

概要

医療用医薬品とその医薬品の添付文書の相互作用に記載されている薬剤名を関連づけるためのデータです。医薬品を併用する際の相互作用や飲み合わせの確認などができることから、オーダリングシステムや電子カルテシステムにご利用いただくことができます。

提供内容

  • 主な項目:添付文書ID、枝番号、YJコード上位9桁(YJ9桁)、相互作用薬剤名
  • 提供形式:カンマ区切りテキスト(.csv)形式
  • 更新頻度:毎月1回

データ構成

相互作用データは、以下の2つのテーブルから成り立っています。

  • 相互作用テーブル:相互作用に記載された医薬品名を添付文書単位で抽出したデータです。相互作用のレベル(併用禁忌、併用注意など)、相互作用薬剤名などで構成されています。
  • 一般名テーブル:相互作用テーブルに抽出された相互作用薬剤の一般名を投与経路や剤形まで区別できるYJ9桁まで展開したテーブルです。
    2つのテーブルを組み合わせることにより、相互作用を起こす可能性がある医薬品一般名の対応を作成することができます。更に添付文書ID、枝番号を用いて医薬品名称データと関連づけることができます。(医薬品名称データも付属してご提供します。)

☆利用料金は、利用機関の種類、規模、施設数などにより異なりますので、詳細はお問い合わせください。

お問合せ先

TEL 0120-181-276(業務・渉外担当)